カナガンキャットフードは子猫でも食べれる?食べやすい量と与え方

カナガンキャットフードは、今ネットで話題の
キャットフードです。

子猫を飼っているんだけど、食べさせてあげたい
な。安全なのか、食べてくれるのか、与え方は?
など不安で悩みますよね。

そこでなぜ子猫の時から、カナガンがお勧め
できるのかを解説させて頂きますね。

子猫でも安全で安心して与えてあげられる3つの理由

カナガンが子猫の成長を助けてくれる
理由として3つの理由があります。

子猫の体に安全な理由
  1. 穀物不使用(グレインフリー)
  2. 新鮮なイギリス産平飼いチキンを60%以上使用(タウリン2,200mg/kg配合)
  3. 人工添加物不使用

なぜ子猫の時から穀物不使用がいいのか

猫は肉食動物なので、腸が短いのをご存知で
しょうか。元々、食事は丸飲みします。

お肉って消化に悪そうですが、実は吸収が
いいんですね。
それより消化に負担になってくるのが、
繊維質の多い植物や穀物です。

肉食なので、穀物(玄米、トウモロコシ、白米
)を食べる習慣がありません。

その為、腸が短い分消化の負担になる
ものは排除してあげた方が体には優しいんです。

アレルギーの対策は子猫の時から

猫の病気でアレルギーがありますが、
発症してしまうと厄介なのが食物
アレルギー。

発症しやすいのが、イネ科の穀物(
米、麦、トウモロコシなど)です。

子猫の時から、こういった余分な
物が排除されたフードを与えてあげると
安心ですよね。

肉食にはたまらない!○○が60%使われている

原材料には、新鮮なイギリス産平飼いチキンを
60%以上使用しています。

カナガンで使用している原材料は、すべて
人間が食べられる高品質で新鮮な食材です。

鶏肉に含まれる、タンパク質、リン、ビタミンは
皮膚や毛並みを良くし、筋肉の老化を防ぐ
セレンが多く含まれています。

丈夫な身体を作る時期だからこそ排除する物

カナガンキャットフードは、人工添加物が
一切使われていません。

市販されているフードは、危険な数値じゃない
規定で配合されています。

人間の食べ物でも、良くないとされている
添加物ですが。。

毎日の積み重ねで、猫の体にどういった
影響が及ぶのか心配になりますよね。

成分は安全?ロイヤルカナンキトンとの比較

成分的に安全なのかな?と心配になりますよね。
子猫用フードで有名な、ロイヤルカナンの
キトンと比較してみました。

カナガンキャットフード エネルギー(100gあたり/約390カロリー)ロイヤルカナン 猫キトン(100gあたり/約409カロリー)
粗タンパク質 37%粗タンパク質 34%
脂質 20%脂質 16%
粗繊維 1.50%粗繊維 3.1%以下
粗灰分 8.50%粗灰分 8.60%以下
水分 7%水分 6.5%以下

比較してみると、カナガンは猫の身体に必要な
栄養素のタンパク質が高めで粗繊維が少なめ。
ロイヤルカナンはカロリーが高めで、脂質
が少なめ。

違いのある、粗繊維はウンチを増やして固くする
働きがあります。

脂質もイメージ的には必要なの?と思いがち
ですが、皮膚や毛並みを良くしたり消化や
代謝を助ける必要な栄養素となります。

カロリーも20カロリー程度しか、大差が
ないのでそんなに不安な要素はありません。

どちらもAAFCO(アフコ)の栄養基準は
満たされていますので、安心して下さい。

AAFCO(アフコ)とは
全米飼料検査官協会の事です。ペットフードの
栄養基準や原材料、表示に関する基準を
私たち消費者に分かりやすく、ガイドラインで
公表している米国の団体です。

AAFCO(アフコ)のガイドラインは、世界的な
栄養基準として認められています。
AAFCO(アフコ)の栄養基準

良質な原材料で子猫の身体を丈夫に!

カナガンキャットフードの原材料は、
全て人間でも食べれる新鮮な食材が厳選されて
います。

カナガンキャットフード原材料
乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

チキンだけで、60%以上も使われていますよ。
猫は肉食と知っていましたが、うちは魚メイン
のフードを与えていました。

カナガンに変えてから、食いつきが物っ凄いです。
ガツガツでびっくり。汗

無添加で、身体に優しい野菜や海藻なども
たくさん使われています。

子猫にも安心して与えてあげれますよ。

与える量はどれくらい?

子猫に与える量ですが、公式サイトでは
以下の通りです。

月齢カナガン(単位g)
2ヶ月以下20~30g
2-4ヶ月30~55g
4-6ヶ月55~75g
6-12ヶ月75g

与える量は、月齢と体重で変わってきます。
月齢に合わせた量を、1日3~5回に分けて
与えます。

が、まだミルクも飲んでいる子猫ちゃんは、
消化器官も未発達なので離乳食(ペースト状)
にして与えてあげて下さいね。

4ヶ月位まで、体重を増やして丈夫な身体を
作る期間です。

獣医師
『お皿ペロペロして、食べたそうにして
いたら、食べたいだけ食べさせてあげて下さい!』

私が、子猫を迎え入れた時に獣医師から
言われた言葉です*^^*

カナガンキャットフードはデメリットが1つ!

カナガンは市販されている子猫用フードと、
同等にタンパク質が高く栄養満点のフード
ですが、1つだけ難点があります。

それは、ちょっと子猫に与えるには
粒が大きい事です!

プレミアムフードなので、1つ1つ
同じ形をしていません。

見てもらうと分かるように、1cm位
の大きさで分厚いので食べにくいかな
という印象です。

そこで、食べやすく砕いてみました。

お家にある、ジップロックなどの袋に
入れます。

原始的なやり方ですみません。汗
金づちで、押すように砕きます。

トントン叩くと、フードが尖って
しまうので気を付けて下さいね。
ポイントは押すように砕く感じ
です。

できあがりです。

2ヶ月以下の子猫ちゃんから
食べれます。
その場合は、フード1:温水(ぬるま湯)3
の割合で離乳食を作ってあげて下さいね。

お湯でふやかすと、栄養素が飛んで
しまうので注意して下さい。

※あくまでも、ぬるま湯です!
ラップをして待つこと3分でふやかりました。

あとは、スプーンの背で押して
ペースト状にしたら出来上がり
です。
砕くとぬるま湯の浸透が早いので、
簡単に離乳食ができますよ。

1回づつ食べるかなと思う量を、毎回作って
あげた方がいいと思います。
1日の給与量をペースト状で置いておくと、
痛みやすい
ので面倒だと思わず子猫ライフを楽しんで
下さいね*^^*

月齢に合ったフードの与え方

子猫はまだ、身体が未発達なので
1度にたくさん食べれません。

給与量は、あくまでも目安なので
増やしたり減らしたり少しづつ
調節するのが良いでしょう。

生後2か月~6か月の食事ポイント
  • 生後2か月~6か月までは、食事の回数を
    3回~5回に分けて与えます。
  • まだ食べたそうにしていたら、フードを
    1割程度の量を増やます。※いきなり増やすとお腹を壊しますので。
  • 月齢に合わせて、ペースト状にしたり砕いて
    食べやすくするように固さを調節します
生後6ヶ月から1歳までの食事ポイント
  • 6ヶ月が経つと、乳歯が生えそろうので
    徐々に食事の回数を減らしていきます。
  • 砕いたカリカリから、カナガンそのままで
    食べられるように大きさを調節する。
  • 1歳の時に、朝と夜の2回ご飯が食べれる

ように慣れさせる。

子猫は1年で大人に成長します。
高品質な食材が使われたカナガンで、
丈夫な身体を作ってあげて下さいね*^^*

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です